定期報告(建築物の健康診断)制度

定期報告制度とは

 近年建築物の大規模化、高層化の進展、さらに用途の複合化に伴い、劇場・百貨店・マーケット・旅館・ホテル・病院・共同住宅・寄宿舎等のいわゆる特殊建築物や事務所建築物は、不特定多数の人々が利用するため、いったん火災などの災害が起こると大惨事になる危険性があります。
 このような危険を避けるため建築基準法では、これらの建築物や建築設備を定期的(建築物は3年毎に1回、建築設備は毎年1回)に専門の技術者に点検してもらって、特定行政庁に報告するよう義務づけています。
 これが“定期報告制度”であり、災害の防止に努め利用者の安全を図るための制度です。
 定期報告書は、特定行政庁の業務を受託している兵庫県建築防災センターに提出してください。(注:神戸市の場合は、直接市が実施しますので、神戸市に提出してください。)

定期調査・検査報告書提出の流れ

定期報告を要する特殊建築物等及び建築設備はこちら