定期報告を要する特殊建築物等及び建築設備
用   途
特殊建築物等
建築設備 注3
用途に供する規模等
報告の時期
用途に供する規模等
報告の時期
劇場、映画館又は演芸場 注1      注2
地階、F≧3、A>200u又は主階が1階以外にあるもの
平成26年
7月〜10月
(3年毎に1回)
特殊建築物等に同じ
平成25年
7月〜10月
(毎年1回)

注4
観覧場、公会堂又は集会場

注1        注2
地階、F≧3又はA>200u
(明石市、三田市A>500u)
    注5
病院、診療所、
児童福祉施設等 注6
注1        注2
地階、F≧3又はA>300u
ホテル又は旅館 注1        注2
地階、F≧3又はA>300u
平成27年
7月〜10月
(3年毎に1回)
下宿、共同住宅又は寄宿舎        注2
F≧6かつA>100u
(Aは6F以上)

学校又は体育館 注1        注2
地階、F≧3又はA>2,000u
平成25年
7月〜10月
(3年毎に1回)
博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場又はスポーツ練習場 注1        注2
地階、F≧3又はA>2,000u
特殊建築物等に同じ
平成25年
7月〜10月
(毎年1回)
展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、料理店、飲食店又は物品販売業を営む店舗 注1        注2
地階、F≧3又はA>500u
(宝塚市:カラオケボックスに類するものはA>100u)
事務所
その他これに類するもの
注1
地階、F≧3
(階数が5以上で、床面積の合計が
1,000uを超える建築物に限る)

注1 地階、F≧3:地階でその用途に供する部分が100uを超えるもの又は3階以上の階でその用途に供する部分が100uを超えるものをいう。
注2 A:その用途に供する部分の床面積の合計を示す。
注3 建築設備:●換気設備 政令第112条第16項の規定により温度ヒューズホルダー又は感知器連動のダンパーを設けたものに限る。( = 防火
            区画を貫通するもの)
                   【姫路市・明石市:煙感知器連動ダンパーを設けたものに限る】
                   【西宮市:S48.12.31以前防火ダンパーを設けたもの、S49.1.1以降は煙感知器連動ダンパーを設けたものに限る。】
           ●排煙設備 機械排煙に限る。
           ●非常用の照明装置 蓄電池別置型又は自家用発電装置を設けたものに限る。(内蔵蓄電池を用いたものを除く。)
注4 観覧場:屋外に避難上有効に開放されているものを除く。
注5 診療所:患者の入院施設があるものに限る。
注6 児童福祉施設等:児童福祉施設、助産所、身体障害者社会参加支援施設(補装具製作施設及び視聴覚障害者情報提供施設を除く。)、保護
               施設(医療保護施設を除く。)、婦人保護施設、老人福祉施設、有料老人ホーム、母子保健施設、障害者支援施設、地域活
               動支援センター、福祉ホーム又は障害福祉サービス事業(生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援を行う事
               業に限る。)の用に供する施設  [建築基準法施行令第19条第1項]


 ○平成25年度は

 平成22年3月31日以前に建てられた(竣工)用途欄6〜9に記載された建築物と
 平成24年3月31日以前に建てられた(竣工)建築物の建築設備(注3)が定期報告の対象です。



 申請書ダウンロードサービス

  「申請書ダウンロードサービス」をご利用いただきますと兵庫県住宅建築総合センターに提出する申請書等が
 インターネットでいつでも取り出せます。>>>ダウンロードサービス


 指導手数料
>>>指導手数料


 Q&A

  平成20年2月に開催された「特殊建築物定期調査業務基準講習会」における質問・回答が、
 (財)日本建築防災協会のホームページに掲載されています。>>>関連リンク